MENU

白髪染めのパッチテストについて

 

ほとんどの白髪染め製品は使用する前には腕などの肌に少量の薬剤を塗布して時間経過による肌の様子の変化がないかどうかを見るパッチテストをすることを勧めています。

 

白髪染めはアルカリ性の薬剤で髪のメラニン色素を一度脱色してから染料を浸透させて定着させるため、様々な原料が含まれておりその一部は皮膚に強い作用を起こすものも含まれています。

 

髪の毛は死んだ細胞のため強い薬品を使用しても毛にダメージが起こる程度で済みますが髪を染める場合、根本から染めるためにはどんなに注意していても頭皮に付着してしまいます。

 

皮膚に薬品が付着するとピリピリとした痛みを感じたりかゆみやフケの原因となったり、湿疹や炎症をおこすこともあり無理をして使うと二度と白髪染めを使用することができなくなることもあります。

 

人によってはアレルギー反応を起こし強い刺激となることもあるのでパッチテストを行って皮膚に異常が起こらないかどうかを調べてから使うことが大切です。

 

パッチテストは初めて使用する場合だけではなく、白髪染めを行う度に行う必要があります。

 

季節の変わり目など体調を崩しやすい、乾燥などの肌トラブルを起こしやすい時期には頭皮もダメージを受けやすくなっていて日ごろとは異なる反応を起こすことがあります。

 

また何度も同じものを使用しているうちに突然アレルギー体質になって炎症を起こすこともあるため、使い慣れた白髪染めを行う前にも必ずパッチテストを行うことが大切です。